※更新が滞っております。最新情報は、以下をご覧ください。よろしくお願いします。
facebook https://www.facebook.com/chanky.matsumoto
instagram https://www.instagram.com/chankymatsumoto/

運を切り拓き、難を切り抜ける
■チャンキー松本 プロフィール

日本香川県生まれ。芦屋芸術専門学校卒業後、大阪カプコンに就職し、ゲームキャラクターを担当。その後、デザイナーを経てフリーイラストレーターに。

2004年頃、たまたま買ったハサミを使い、独学で切り似顔絵の制作をはじめる。関西を中心にイベントなどに参加し、切り絵技術を習得をする。そうこうしてるうちに、切り似顔絵師としてテレビ「笑っていいとも!」Eテレ「シャキーン!」にちらりと出演。イベントは「大阪水都祭」「大阪河内長野世界音楽祭」などにも参加。他、モダンチョキチョキズの一員として、ピ・ピカソ作詞も担当したり、「33」とゆう音楽ユニットを組んだり、芦屋芸術専門学校や神戸工科大学の講師をして過ごす。

2011年の震災後、妻の転勤で大阪から上京するが仕事もなく、散歩していると町の人々と仲良くなり、「西荻案内所」の所員として、西荻を案内したりする。類稀なコミュニケーション能力で老若男女とすぐ打ち解けることから、徐々に「絵本の読み聞かせ」や「講演会」、「祭りプロデューサー」などに呼ばれ出し…、鳥取県大山町、佐渡島、真鶴、熊本…と日本各地の地域おこしの一環として呼ばれるように。
2014年には「鳥取藝住祭」に参加し、鳥取の大山に二ヶ月移住してアニメーション作品「もぬけ」を手がける。

すっかり馴染んだ鳥取県では、名産の因州和紙と出会い、貼り絵作品を制作し始める。それが、溜まりに溜まり、東京都内のギャラリーで展示をし、その展覧会をみた編集者さんなどから、イラストレーターとして仕事が舞い込む。
「盆おどる本ー盆踊りをはじめよう!」の漫画担当や、イラスト担当で「卓上の生涯シリーズ・チェゲバラ」。絵本の作絵で「たがやせどじょうおじさん」「まいごのビーチサンダル」を、お話担当で「こけしのゆめ」「ちんどんやちんたろう」を出版する。また、貼り絵動画として、Eテレ「えいごであそぼ!」の2018年5月のアニメを担当する。佐渡で出会ったコンドルズ近藤良平氏がプロデュースする「Dance Dance Dance at Yokohama2018」のテーマソングを歌ったりもしている。切った似顔絵はすでに1万人を越し、下書きもなくみるみる出来る精緻な貼り絵や、即興でOHPを使った幻燈ショーを、間近で見た方が、「あまりの不思議さに神の手を見てる様。」と評判に。
ハサミ一本で、
切ったり貼ったり歌ったり音頭とったり…の、
奇天烈変幻自在、謎のオッサン妖精。

「縁起切り似顔絵」

お客さまの顔の写真から切り絵を制作。座ってトレードマークの僕のちょんまげを見てる間に、目安としては7~8分!気づくと後ろは人だかりの歓声を受けつつ、豆色紙にいれてめでたい判子を押して完成!

「各種パーティーなどのイベント出張」
鶴や亀に大黒様…テーマに合わせての縁起切り絵を交えての即興切り絵ショー。イベントや敬老会、お祝いの席や、外国の方にも人気があります。
あるいは、イベント会場のご来場者様に向けてのサービス似顔切り絵。目安としては7~8分でお一人様の切り似顔絵が完成しますので、1時間であれば8~9人程度。ご予算は相談うけたまわります。

「ウエディングボードなど、額装の切り絵」

サイズによりけりですが、A3サイズの額装であれば、新郎新婦、目出たい切り絵、額セットもお気軽にご相談ください。

464727_417121355053259_493034455_o

 

■切り絵作品一覧

カテゴリーメニュー「WORKS」参照

 

■お問い合わせ

aozoratei★gmail.com

※★を@に変えてご連絡ください。